COMING SOON・・・

 

市場の現状
中古住宅の多くは「リフォーム済み」で販売されています。リフォームとは、壁紙やクロス、床材の交換等、見える部分を綺麗にするいわゆる表層リフォームです。

問題点
特に戸建ての場合、心配される点は、基礎や外壁、屋根など主要構造部や設備です。さらに言えば耐震性能など、本来目に見えないが、住宅として重要な骨子の状態ではないでしょうか。

ホームインスペクション(住宅診断)の必要性
中古住宅の購入前に第三者的な立場、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを受けるサービスです。耐震診断と合わせることにより、長く使用できる家又はいずれ売却する際も安心して販売を行うことが出来ます。
また、耐震補強や耐久性を確認、強化することにより、築20年以上の建物でも、フラット35(中古)の適用を受けたり、不動産取得税、住宅ローンなど、中古住宅取得に係る減税等の適用を受けたりと、購入の際も有利になります。

当社の取り組み
この度、ホームインスペクション及び耐震診断が可能な企業と業務提携をし、安心で安全な住宅をお客様にご提案します。

事例
横浜市内に購入した築40年の中古住宅を表層リフォーム販売ではなく、ホームインスペクション及び耐震診断を基にした補強工事・リフォームを行って販売します。既に診断は実施済みで、2月下旬に工事予定です。補強、リフォーム部分をお客様が確認できるよう、オープンルームを実施する予定です。

Translate

Recent Posts

  1. 12074901_753587318106058_8423317793339842472_n
    この度、国際スポーツチャンバラ協会がTAFISA (国…
  2. IMG_20151009_131749
    NHKワールド「SPORTS JAPAN(NHK)」のスタジ…
  3. 田邊賢一スポチャン

    2015/9/2

    SPORTS JAPAN
    スポーツ・ジャパンはNHKの国際放送・NHKワールドから、世…

CONTACT

sider_homesuppor